センター長 杉山 将

情報工学の学士(工学)、修士(工学)、博士(工学)の学位をそれぞれ1997年、1999年、2001年に東京工業大学から取得。2001年より同大学の助手、2003年より助教授(2007年より准教授に改称)。2014年より東京大学教授。2016年より理化学研究所革新知能統合研究センター・センター長を併任。2003年から2004年にかけ、アレキサンダー・フォン・フンボルト財団フェローとしてドイツ・ベルリンのフラウンホーファー研究所に滞在。2006年にはヨーロッパ委員会エラスムス・ムンダス助成を受け、英国・エディンバラのエディンバラ大学に滞在。非定常環境下での機械学習の研究に対して、2007年IBM Faculty Awardを受賞。密度比推定に基づく機械学習の研究に対して、2011年情報処理学会長尾真記念特別賞および2014年度科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞。また、一連の機械学習研究に対して、2016年度日本学術振興会賞および日本学士院学術奨励賞を受賞。機械学習とデータマイニングの理論研究とアルゴリズムの開発、および、その信号処理、画像処理、ロボット制御などへの応用研究に従事。

副センター長 上田 修功

1982年大阪大学卒業、1984年同大学院修了後、日本電信電話公社(現NTT)横須賀電気通信研究所入所。1992年博士(工学)。1993年より1年間米国パデュー大学客員研究員。 2010-2013年NTTコミュニケーション科学基礎研究所所長。2014年よりNTT機械学習・データ科学センター代表、2016年より上田特別研究室長(NTTフェロー)。2010-2014年内閣府最先端研究開発支援プログラム(FIRST)サブテーマリーダー。統計的機械学習の基礎研究に関し、電気通信普及財団賞、電子情報通信学会業績賞、文部科学大臣表彰(科学技術賞)他受賞。2016年より理化学研究所革新知能統合研究センター・副センター長を併任し、機械学習技術に基づく、医療、気象、防災・減災などの自然科学、社会科学へのAI研究に従事。2019年より日本科学技術振興機構(JST)CREST研究総括。現在、京都大学大学院情報学研究科連携教授、神戸大学大学院システム情報学研究科客員教授。

副センター長 中村 雅人

1984年3月、筑波大学第三学群基礎工学類卒業。同年4月、科学技術庁に入庁。おもに、原子力、宇宙、地球科学技術分野の科学技術の推進に従事。この間、青森県庁、在豪州日本国大使館、北海道大学大学院工学研究科に出向。直近は、2014年より内閣府宇宙戦略室審議官として、前宇宙開発基本計画のとりまとめ等に参画。2016年4月より量子科学技術研究開発機構(QST)理事、宇宙航空研究開発機構(JAXA)理事として、総務、人事、調達、財務、新事業促進、広報、評価、監査などを担当。2020年9月より現職。(写真提供 JAXA)

_