2019/4/2 09:32

高次元統計モデリングユニット(ユニットリーダー:山田 誠)の伊藤勇太客員研究員らの論文が、VR・AR分野の国際的なトップカンファレンスであるIEEE VR 2019において、ベストジャーナルペーパーにノミネート(ファイナリストに選出)されました。3月23日~27日に大阪で開催されたIEEE VR 2019において発表されました。

※ ベストジャーナルペーパー:IEEE VR 2019への論文投稿には、ジャーナルペーパーとカンファレンスペーパーの2つのカテゴリーがある。ジャーナルペーパーには過去最多に迫る142件の投稿があり、33件が採択。そのうち11件がベストジャーナルペーパーにノミネートされた。なお、カンファレンスペーパーには過去最多の442件の投稿があり、95件が採択された。

論文
Light Attenuation Display: Subtractive See-Through Near-Eye Display via Spatial Color Filtering
Yuta Itoh, Tobias Langlotz, Daisuke Iwai, Kiyoshi Kiyokawa, and Toshiyuki Amano

関連記事

伊藤勇太客員研究員が国際会議CHI 2018においてHonorable Mention Awardを受賞(2018年4月)

関連研究室

last updated on 2021/11/16 10:20研究室