2019/6/19 13:16

防災科学チームのBahareh Kalantar特別研究員、上田修功チームリーダー/副センター長らの共著論文が、国際会議「International Society for Photogrammetry and Remote Sensing (ISPRS)」において、2019年U.V. Helava Award(最優秀論文賞)を受賞しました。

写真左はBahareh Kalantar特別研究員、右はISPRSワーキンググループIV/10のチェアを務めるGiorgio Agugiaro氏。

ISPRSは写真測量とリモートセンシング分野に関するトップカンファレンスで、2019年は6月10日から14日にかけてオランダ・トゥウェンテ大学で開催されました。
https://www.gsw2019.org/

論文情報
タイトル: An Evaluation of Landslide Susceptibility Mapping Using Remote Sensing Data and Machine Learning Algorithms in IRAN
著者: B. Kalantar, N. Ueda, H. A. H. Al-Najjar, M. B. A. Gibril, U. S. Lay, and A. Motevalli
掲載誌: ISPRS Ann. Photogramm. Remote Sens. Spatial Inf. Sci., IV-2/W5, 503-511, 2019

関連研究室

last updated on 2020/6/3 10:44研究室