前原 貴憲 (Ph.D.)
役職
ユニットリーダー
略歴
2012東京大学大学院情報理工学系研究科数理情報学専攻 博士(情報理工学)
2012JST, ERATO, 河原林巨大グラフプロジェクト 特任研究員
2015静岡大学工学部数理システム工学科 助教
2017理化学研究所革新知能統合研究センター ユニットリーダー

メンバー

  • ユニットリーダー
    前原 貴憲
  • 特別研究員
    波多野 大督
  • 特別研究員
    BAFFIER Jean-Francois Alexis
  • 客員研究員
    石畠 正和
  • 客員研究員
    髙邉 賢史
  • 客員研究員
    新屋 良磨
  • 客員研究員
    福永 拓郎
  • 客員研究員
    山口 勇太郎

研究紹介

研究室の写真

離散最適化の理論について研究しています。離散最適化問題は有限個の候補の中から最良のものを見出す問題であり、人間が行う意思決定の多くがこの形で定式化できるため、それを解く手法は人工知能の基盤技術といえます。離散最適化問題は原理的には全ての候補を調べれば解くことができますが、組合せ爆発により候補数が膨大になる問題では、現実的な時間ですべての候補を調べることはできません。そのような問題に対し、離散凸解析・グラフ理論などを用いることで、理論保証のある効率的なアルゴリズムを設計します。

研究主分野
コンピューター科学
研究分野
数学
研究テーマ
離散最適化
グラフ理論
数値解析
研究室オリジナルサイトURL
理研サイトの研究室ページURL

2018年度成果ポスター
離散最適化-前原

関連記事
posted on 2019/8/8 10:45お知らせ