2021/1/13 14:05

(理化学研究所の公式HPはこちら

2021年1月13日

横浜市立大学
国立研究開発法人水産研究・教育機構
理化学研究所

深層学習を用いてクロマグロの卵のふ化予測に成功

-効率的な種苗生産への貢献に期待-

横浜市立大学大学院生命医科学研究科の寺山慧准教授、慶應義塾大学理工学研究科の家永直人特任助教、水産研究・教育機構水産技術研究所養殖部門まぐろ養殖部の樋口健太郎主任研究員、高志利宜グループ長、玄浩一郎部長、理化学研究所 革新知能統合研究センターの津田宏治チームリーダーからなる共同研究チームは、深層学習を用いて、太平洋クロマグロ(Thunnus orientalis)の産卵直後の卵が孵化するか否かを高精度に予測する技術を開発しました。今後この技術を用いて、質の高い卵のみを選択的に孵化・飼育することでクロマグロ種苗(養殖用の稚魚)生産の効率化が期待されます。

詳細は横浜市立大学のホームページ新規タブで開きますをご覧ください。

報道担当

理化学研究所 広報室 報道担当
お問い合わせフォーム新規タブで開きます

関連研究室

last updated on 2021/11/16 11:03研究室