太田 慎一 (Ph.D.)
役職
チームリーダー

メンバー

  • チームリーダー
    太田 慎一
  • 特別研究員
    小鳥居 祐香
  • 客員研究員
    戍亥 隆恭
  • 客員研究員
    高津 飛鳥
  • 客員研究員
    角田 謙吉

研究紹介

研究室の写真

私の専門は幾何学で、特に空間の曲がり方(曲率)がその空間の様々な性質に与える影響を研究しています。この分野は解析学や確率論などと強いつながりがあり、曲がり方と熱の伝播の仕方の関係、確率分布のなす空間の幾何学的な構造など、様々な観点からの分野横断的な研究が活発に行われています。この中で最適輸送理論、凸関数の勾配流の理論、情報幾何学などは機械学習・情報理論とも縁が深いものです。これらの分野での数学的な強みを生かして、機械学習分野への理論的な貢献を目指しています。

研究主分野
数学
研究テーマ
リーマン幾何学・フィンスラー幾何学
最適輸送理論
凸関数の勾配流

2018年度成果ポスター
数理解析-太田

関連記事