関根 聡
関根 聡 (Ph.D.)
役職
チームリーダー
略歴
1987:東工大応用物理学科卒
1987-:松下電器産業株式会社 東京情報通信研究所
1992:University of Manchester Institute of Science and Technologies, M.Sc.
1998:New York University, Ph.D.
1998-:Assistant Research Professor, NYU
2000- : CEO, LanguageCraft
2007-:Associate Research Professor, NYU

メンバー

  • チームリーダー
    関根 聡
  • 研究員
    Maryam Sadat Mirzaei
  • 研究員
    Kourosh Meshgi
  • 特別研究員
    栗田 修平
  • 技師
    石井 愛
  • テクニカルスタッフII
    後藤 美知子
  • 客員研究員
    中村 哲
  • 客員研究員
    菅原 朔
  • 客員研究員
    河原 大輔
  • 客員研究員
    馬場 雪乃
  • 客員研究員
    吉岡 真治
  • 客員研究員
    木村 泰知
  • 客員研究員
    小原 京子
  • 客員研究員
    Sakriani_Watiasri Sakti
  • 客員研究員
    井之上 直也
  • 客員研究員
    大関 洋平
  • 客員研究員
    宮西 大樹
  • 客員研究員
    森川 祐介
  • 客員研究員
    笹野 遼平
  • 研究パートタイマーI
    渡邊 晃一朗
  • 研究パートタイマーI
    隅田 飛鳥
  • 研究パートタイマーII
    石原 章子
  • 研究パートタイマーII
    林 歓樹
  • 研究パートタイマーII
    西村 千恵子
  • 研究パートタイマーII
    守山 慧
  • 研究パートタイマーII
    陰山 宗一
  • 研究パートタイマーII
    前田 航希

研究紹介

研究室の写真

私たちが触れる多くの情報は「言語」で書かれていますが、日々拡張する膨大な情報の中から必要な情報にアクセスすることが非常に難しくなっています。この問題を解決するために、自然言語処理の研究課題として情報抽出や自動対話などの課題に取り組みます。特に、情報を単に提示するだけではなく、システムがそのシステムの判断を説明できることが非常に重要だと考えております。自然言語処理関連技術において基礎技術、応用技術の双方でのフロンティア開拓を目指していきます。

研究主分野
コンピューター科学
研究分野
自然言語処理
研究テーマ
情報抽出
固有表現抽出
知識獲得
言語情報アクセス
理研サイトの研究室ページURL

紹介動画

森羅プロジェクト 2021(日本語版) サムネイル

 

紹介ビデオ

 

 

プロジェクト

 

イベント
その他
成果報告ポスター

関連記事

posted on 2019/3/28 15:00セミナー