2021/12/28 11:55

(2022年1月12日更新)

~運転終了後即座に運転診断が可能となるサービスの提供開始~

理研革新知能統合研究センター(AIP)と損害保険ジャパン株式会社は、交通事故予測のための共同研究の成果として、「Trajectory Mining※1を利用した自動車事故リスク予測モデル」を開発しました。開発した事故リスク予測モデルは、通信機能付きドライブレコーダーを活用した安全運転支援サービス「Driving!」の運転診断機能として利用し、2021年9月からサービスを提供しています。
※1 走行データをはじめとする、移動体の軌跡データを扱うための分析手法です。

<ドライブレコーダーの新端末と専用アプリの運転診断画面のイメージ>

ドライブレコーダー

(図提供:損保ジャパン株式会社)

本共同研究には、データ駆動型生物医科学チームの竹内一郎リーダーと花田博幸特別研究員が参画しています。

詳細は、損害保険ジャパン株式会社のホームページをご覧ください。

理研広報室

-2021年12月28日メディア掲載

-2021年1月4日メディア掲載

-2021年1月5日メディア掲載

-2021年1月12日メディア掲載

※ご覧いただくには会員登録が必要なものもあります。

関連研究室

last updated on 2022/1/14 10:19研究室