組織

グループディレクター
杉山 将 (Ph.D.)
人工知能に関連する先鋭的な理論研究やアルゴリズム開発を統合することにより、汎用的な基盤技術を開発する。 グループ詳細ページへ
グループディレクター
上田 修功 (Ph.D.)
大学・研究機関、産業界との連携のもと、具体的な課題への適用に特化した基盤技術を開発し、社会的・経済的価値の創造へ貢献する。 グループ詳細ページへ
グループディレクター
中川 裕志 (Ph.D.)
人工知能等が浸透する社会での倫理的・社会的課題等に対応するため、人工知能の進展が人間社会に及ぼす影響の分析と対策を行う。 グループ詳細ページへ
杉山 将 (Ph.D.)
理研AIP-NEC連携センターでは、安全・安心な社会の実現に向けて、これを脅かす災害・事故・事件など頻度の低い事象を認識可能にする基盤技術や事故の予兆等を発見した際の人の意思決定に役立つ基盤技術の確立、および複数のAI間での円滑な自動交渉を支援する基盤技術の確立を目指しています。本連携センターは、AIに関す... グループ詳細ページへ
杉山 将 (Ph.D.)
理研AIP-東芝連携センターでは、両者が有する人工知能分野における先端の基盤技術や、半導体から社会インフラまでの幅広い東芝の事業活動を通して蓄積した設計製造データや知見を融合し、「革新的生産性を実現する自律学習AI(自ら学ぶAI)」の確立に向けて研究開発を推進しています。 本連携センターでの活動を通して、... グループ詳細ページへ
杉山 将 (Ph.D.)
理研AIP-富士通連携センターでは、理研AIPセンターに結集しているAI技術の知見と、富士通の幅広いICT技術や多数のシステム開発経験を融合し、「想定外を想定するAI」の研究開発に取り組んでいます。「想定外を想定するAI」とは、環境の不確実な変化に対しても、的確な未来予測に基づき、人のより良い判断を支援するAIの... グループ詳細ページへ
杉山 将 (Ph.D.)
理研AIP-富士フイルム連携センターでは、ヘルスケアおよび素材産業をグローバルにリードするAI技術の開発を目指します。富士フイルムHDがこれまでに培った医療画像の解析・認識技術および材料設計に関する知見と、AIPセンターに結集するAI分野の最先端技術の知見を融合させます。富士フイルムHDが事業として手掛けるヘル... グループ詳細ページへ
室長
高橋 玲 (Ph.D.)
2016年4月にゼロからスタートした革新知能統合研究(AIP)センターは、国内外の研究者を集め、2年が経過して研究体制がほぼ整いました。研究成果を創出する一方で、組織としてのマネジメントの強化が必要な段階に入ったことを受け、2018年4月にセンター長室を設置しました。 AIPセンター長室は、センター長、副センター... グループ詳細ページへ